About

当館について

100年の時を越えて歴史を刻む「相楽園」

相楽園 園内イメージ

沿革

明治44年、元神戸市長 小寺家の私邸として、広大な庭園と邸宅が長い年月を経て完成。当初は「蘇鉄園」と呼ばれていました。

昭和16年、神戸市が譲り受けて一般公開を開始。
「相楽園」の名称は、中国の古書『易経』の一節にある「和悦相楽(わしてよろこびあいたのしむ)」から名付けられました。園内には、重要文化財を複数有し、迎賓のための施設として「相楽園会館」が誕生。平成18年には、国の登録記念物(名勝地)に登録されました。

6,000坪の敷地に広がる庭園は、神戸市の都市公園で唯一の日本庭園であり、四季ごとに美しい表情を見せ、訪れる人々を楽しませています。

  • 相楽園 景観
  • 相楽園 イメージ

伝統-tradition- × 革新-innovation-
新たな一歩を踏み出す
THE SORAKUEN

  • 伝統・革新
  • 伝統・革新
  • 伝統・革新

残すべきモノと、変えるべきモノ。
古き良き伝統の本質を継承し、革新を加えることで、時代に合った新しい魅力を生み出していく。

様々なコンテンツを有する当施設が、最高のおもてなしを提供する場であり続けるために、常に“伝統を守り、革新を遂げる”ことにチャレンジしていきます。

THE SORAKUEN ロゴ

旧相楽園会館から
THE SORAKUENへ――

気鋭のデザイナーや北野クラブ ソラ他を手掛けるハイクオリティなオペレーションにより、神戸唯一の迎賓館として生まれ変わります。