新型コロナウイルス感染拡大防止における宴会・レストラン ガイドライン

  • #Information
  • #Restaurant
  • #Cafe
  • #Gathering
  • #Party

はじめに

このガイドラインは、一般社団法人 日本フードサービス協会・一般社団法人 全国生活衛生同業組合中央会による「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(改正)」に基づくガイドラインを元に、株式会社クレ・ドゥ・レーブが加筆・再編集したものです。
Withコロナの時代、お集まりになる皆様に安心感をもってご利用いただけますよう会場としてできる限りのガイドラインを設定いたしました。

全会場 下記対策を徹底してまいります。

【お客様の安全】

1) 入店時
・店舗入口にて、発熱や咳など異常が認められる場合は店内飲食(場合によっては入店)をお断りさせていただきます。
また、店舗入口や手洗い場所には、手指消毒用に消毒用アルコールを用意しております。
• 店舗をご利用のお客さまには、食事中以外はマスクの着用をお願いしております。

2)客席へのご案内
・テーブルは、飛沫感染予防のためにできるだけ2m(最低1m)以上の間隔を空けて配置を工夫し、お客様同士のお席においては、密着しないように適度なスペースを空けております。
・正面の配置の場合、出来るだけ1.5m以上の間隔を空けるか、テーブル上に区切りのパーティション(アクリル板等)を設けるなど工夫をしております。

3)テーブルサービスとカウンターサービス
・テーブルでご注文を受けるときは、お客様の側面に立ち、可能な範囲で間隔を保っております。
・お客様が入れ替わる都度、テーブル・カウンターを消毒しております。
・カウンターサービスは、可能な範囲で従業員とお客様との間隔を保っております。
・カウンターでは、従業員のマスク着用のほか、お客様と従業員の会話の程度に応じ、仕切りの設置など工夫しております。
・大皿は避けて、料理は個々に提供する、従業員等が取り分けるなどの工夫をしております。
・お客様同士のお酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けるよう、注意喚起しております。
・個室を使用する場合は、十分な換気を行っております。

4) 会計処理
・現金、クレジットカード等の受け渡しが発生する場合には、手渡しで受け取らず、キャッシュトレイを使用しております。
また、キャッシュトレイは定期的に消毒し、会計の都度手指を消毒しております。

【従業員の安全衛生管理】

・食品を扱う者の健康管理と衛生管理を徹底しております。
・従業員は必ず出勤前に体温を計り、発熱や風邪の症状がみられる場合は、店舗責任者にその旨を報告し、勤務の可否等の判断を仰いでおります。
・感染した従業員、濃厚接触者と判断された従業員の就業は禁止しております。
・店舗ではマスクを適切に着用し、頻繁かつ適切な手洗いを徹底しております。

【店舗の衛生管理】

・店内(客席)は適切な換気設備の設置及び換気設備の点検を行い、徹底した換気を行っております。
(窓・ドア等の定期的な開放、常時換気扇の使用など)。
・店内清掃を徹底し、多数の人が触れる箇所は定期的にアルコール消毒薬で清拭しております。
また、テーブル、イス、メニューブック等は、お客様の入れ替わる都度、アルコール消毒薬で清拭しております。
・ビュッフェは、お客様のご要望に応じて、利用者の飛沫がかからないように従業員があらかじめ又はその場で小分けしており、トング等は頻繁に消毒若しくは交換しております。
・トイレは毎日清掃し、ドアやレバー等の不特定多数が触れる箇所は定期的にアルコール消毒薬で清拭しております。
・トイレにはペーパータオルを置き、汚物は蓋をして流すよう、使用者に注意を促しております。