〝Heart Factory Project”vol.18
~withコロナ時代のリアルウェディングレポート~

2021.4.15

teracee

時代に合わせた新しい結婚式のスタイルでおくる特別な1日

ご参列者人数:約50名様

Q.結婚式を実施するか悩んだポイントを教えてください

遠方から来てくれるゲストが複数名いたため、その方々へのリスクはやはり実施するかを考える要因となっておりました。
加えて、親族には高齢者もいるため、そこも含めとても心配でした。
また、当日ぎりぎりに多くの出席キャンセルがでるかもしれないという不安な気持ちは、拭いきれることはないものでした。

2

Q.結婚式の実施にふみきった要因は?

ゲストの皆様からの、楽しみにしているとのお声はもちろんですが、
1番大きかったのは、新婦両親・兄・姉の後押しで、楽しみにしていること、絶対に参加することを何度も伝えてくれたことです

Q.感染対策としての工夫やこだわった演出、レイアウト等は?

当日、司会者さんからのアナウンスで、両親のお酌周り禁止の呼びかけを事前にさせていただきました。そのようにすることによって、両親への気遣いの負担も軽減できたと思います。

また、一卓当たりの人数が多くならないように、
8名掛けのテーブルには最大6名、10名掛けのテーブルには最大8名までの配席を考えました。
そして、受付時に個包装のされた不織布マスクを用意し、自由にゲストの皆へ取ってもらえるように準備をしました。
会場内では、マスクケースの配布も行いました。
そして何より、SORAKUENはテラスが隣接しているので、
テラスを出来るだけ活用し、ゲストにも安心していただける時間を設けました。

1

Q.結婚式当日ゲストの反応はいかがでしたか?

不安な声は無かったです。
テラスを利用したことで、リフレッシュにもなり楽しんでくれたと思います。

Q.未来のコロナ禍の新郎新婦様へのアドバイスをお願いします

自分たちの思い描く式や演出が難しいかもしれない、に許してもらえないかもしれないと悩むこともあると思います。そんなときは、ネットを見て不安になるのではなく、新郎新婦同士、両親、ウェディングプランナーさんにどんどん相談していくと、少しづつ不安も解消していけると思います。
助けてもらいながら、助けてもらえることを知る機会にもなります。
きっとやってよかった!と思うと思います。

担当したウェディングプランナーより

本来、昨年の5月に挙式予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で約1年延期をご決断されました。そして一度お打ち合わせもお休み期間となり、昨年末よりお打ち合わせを再開させていただきました。とても穏やかで優しく温かいお二人と久しぶりにお会いし、改めてお二人のご結婚式のご準備をお手伝いさせていただくことのできる喜びを感じておりました。
再度お打ち合わせが始まってからは、とても楽しくお打ち合わせをさせていただき、あっという間に本番を迎えました。きっとこれまで、沢山のご不安もおありだったかと思いますが、当日のお2人は、キラキラとした笑顔を、皆様に届けてくださっておりました。きっとゲストの皆様も心待ちにされていた瞬間だろうと感じておりました。
そんなお二人のご結婚式は、お二人の「だいすき」を沢山詰め込んだ、心あたたまる素敵な1日でした。
新郎様の大好きなポテトサラダにご入刀いただいたり、ご用意させていただいたポテトサラダの周りには、これまたお二人の大好きなキウイブラザーズの姿がありました。
明るい演出に、ゲストの皆様も笑顔が溢れとても素敵な空間でした。
テラスでのデザートビュッフェでは、新郎新婦様とゲストの皆様が、自由なお時間をお過ごしいただき、晴天の中皆様にお楽しみいただけていたように思います。
普段の生活では諦めないといけないことが、以前より多くなってしまった今だからこそ、中々会うことのできないお二人のたいせつな皆様に会うことができる、かけがえのない1日として結婚式という場を設けていただきたいと強く思います。
そのためには、当館として当日をお迎えいただく皆様にご安心いただける環境をご提供させていただくことの大切さを改めて感じることができました。
お二人、そしてご両家様のこれからのお幸せを心よりお祈りしております。
この度は誠におめでとうございました!

新着記事