《Event Report》テーマは“繋ぐ” 神戸・兵庫のプロフェッショナルとのコラボイベントvol.3を開催しました

  • #Restaurant
  • #Cafe
  • #Event

兵庫の宝・但馬牛を未来へ繋ぐ体験イベント

“豊かな資源を次世代につなげる”ことを目指して、
地元生産者と消費者を 歴史ある神戸の迎賓館でつなぐプロジェクト。
その第三回イベントの様子をご覧ください。

淡路ビーフ01

今回のテーマは【神戸ビーフの過去・現在・未来】
イベントは、但馬牛・神戸ビーフ・淡路ビーフにまつわる映像を見ながらスタート

淡路ビーフ02

今回のゲストは、淡路ビーフ「とうげ」代表の原田 純嗣氏
神戸ビーフの約7割を生産する“世界に通じる肉の聖地・淡路島”で、肉をとことん学んでもらおうと肉屋塾も開いた情熱家です。

淡路ビーフ03

大切に育てられた命をいただいていることも印象的でした

淡路ビーフ04

お話のあとは、神戸ビーフをどのように解体していくかを皆様に披露いただきました。

淡路ビーフ05

丁寧に扱いながらも、手際よく進んでいく肉の解体
それを間近で目にする希少な体験です。

淡路ビーフ06

参加者からの質問にも答えながら、分かりやすく原田氏が解説していきます。

淡路ビーフ07

惚れ惚れする美しさの神戸ビーフ! サーロインとリブロ―スが並んでいます。

淡路ビーフ08

この日用意された淡路ビーフの証明書や牛の登記書たち

淡路ビーフ09

そのお肉たちを使って、THE SORAKUENシェフ木村が今日のためのスペシャルコースを作成していきます。

淡路ビーフ10

こうして、生産者、そして肉のプロを経て、料理人へと大切な食材が引き継がれていくことが実感できます。

淡路ビーフ11
淡路ビーフ12

淡路島で発掘された縄文土器の中に入っていたという食材で、時を繋ぐ“太古のスープ”を再現
(淡路ビーフの牛タン・鯛・ホタテ・わらび・よもぎ・たんぽぽ・どくだみ・くるみ)

淡路ビーフ13
淡路ビーフ14

上質な淡路ビーフに合わせて、ソムリエがセレクトしたワインたち

淡路ビーフ15

柵どりした淡路ビーフのサーロイン。美しい肉たちが昆布だしに浸かっている、業界人も驚きの光景。
低温でじっくりと旨みを蓄えていきます。

淡路ビーフ16

米と肉の旨み「お米の暖簾」

淡路ビーフ17

参加者の素朴な疑問に一つひとつ親身に答えていく、とうげ・原田氏

淡路ビーフ18
淡路ビーフ19

淡路・岩屋の穴子と経産牛の組み合わせ「淡路島 山と海」

淡路ビーフ20

淡路ビーフを独創的にあつかう料理たちに参加者の会話も弾みます。

淡路ビーフ21

「淡路ビーフ」と「神戸ビーフ」を食べ比べできるという、贅沢メニューの体験も

淡路ビーフ22

デザートのアイスクリームに使われていたのは、なんと牛脂!

淡路ビーフ23

牛脂をデザートに使うアイデアに、とうげ・原田氏もビックリ!

淡路ビーフ24

今回メニューのこだわりを話す木村シェフ
実は、最近亡くなられた生産者の方に想いを馳せた一品があったエピソードも公開

淡路ビーフ25

デザートを屋外のヤグラテラスで楽しまれるお客様も
6,000坪の日本庭園「相楽園」を見渡しながら、寛ぎの時間に

淡路ビーフ26

生産者が育んだ豊かな食材を、肉と料理のプロを通じて消費者に繋いでいく本イベント
人を繋げて、想いを未来へと紡いでいきます

淡路ビーフ27

イベントを終え、ソムリエ塚元も加えての3ショット。
コロナ禍の開催延期を乗り越えて、成し遂げたコラボレーションでした。
次は、舞台を淡路島に移しての開催という話も!?
繋がりがどんどん深まり、広がっているようです。

第一回イベントの様子はこちら

第二回イベントの様子はこちら

第四回イベントの様子はこちら