《Event Report》テーマは“繋ぐ” 神戸・兵庫のプロフェッショナルとのコラボイベントvol.4を開催しました

  • #Restaurant
  • #Cafe
  • #Event

【日本酒の未来、その先へ】をテーマに
「獺祭」×「龍力」の日本酒業界トップランナー対談が実現!

“豊かな資源を次世代につなげる”ことを目指して、
地元生産者と消費者を 歴史ある神戸の迎賓館でつなぐプロジェクト。
その第四回イベントの様子をご覧ください。

繋ぐ日本酒 00

酔うためではなく、楽しむための究極の酒を求める「獺祭」と、
日本のロマネコンティとよばれる至高の酒を目指す「龍力」。
その両蔵元であり、日本酒業界を牽引する二人のトーク&テイスティングイベント。

開始前から、期待が高まります。

繋ぐ日本酒01

いよいよ、THE SORAKUENのバンケット「パークスイート」を会場にイベントスタート!

繋ぐ日本酒02

まずは「龍力」5代目蔵元であり、株式会社本田商店の代表・本田 龍祐氏のお話から

繋ぐ日本酒03

まるで噺家のように、楽しくトークを繰り広げる本田社長。参加者はもちろん、旧知の仲という、獺祭・桜井社長も聞き入っておられました。

繋ぐ日本酒04

参加者へ配布された資料には、龍力が使うお米「山田錦」栽培田の地図が。
"良い酒造りは、良い米作り"を信念とし、最高品質と言われる山田錦特A地区の中でも、土壌条件の良い農家との専属栽培契約を行っているそうです。

繋ぐ日本酒05

そして、龍力の日本酒から厳選した3種をテイスティング

繋ぐ 日本酒06

とてつもなくプレミアムな熟成古酒も登場

繋ぐ日本酒07

真剣にテイスティングされる参加者の方々。造り手からのこだわりを聞いて、より一層豊かな味わいに

繋ぐ日本酒08

こちらは、魂込めてつくられたお酒たちにふさわしいモノをと、THE SORAKUEN 木村シェフが用意した日本酒用のアテ。蓋を開けた瞬間、たくさんの笑顔が広がっていました。

繋ぐ日本酒09

そして話し手は、「獺祭」四代目蔵元であり、旭酒造株式会社・代表の桜井一宏氏へバトンタッチ。まず紹介された、獺祭・本社蔵のある美しい自然風景に会場が和みます。

繋ぐ日本酒 10

“日本酒業界の革命家”とも称される桜井社長。獺祭はデータや機械など新しい手法を取り入れながらも、製造スタッフが日本で一番多く、酒造りへの技術と手間を惜しまない考え

繋ぐ日本酒11

この日、参加者に提供された両ブランドの日本酒たち。普段目にすることのない高級かつ希少なもの、そしてストーリーに満ちたお酒ばかりでした。

繋ぐ日本酒12

見ているだけでも、その美しさに目を奪われます。

繋ぐ日本酒13

日本酒文化を海外にも広めていこうと、今後の展開を話す桜井社長。スポンサー契約を結ぶNYヤンキースタジアムでの話や、アメリカで建設中の新酒蔵についても熱く語ります。
ちなみに、このイベントには前日にフランス・パリから帰国され、駆けつけてくださったそうです。

繋ぐ日本酒14

そして、いよいよイベントは第二部に突入し、二人での討論がスタート!

繋ぐ日本酒15

アプローチは違えど、”日本酒の未来”を真剣に考えるおふたり。
“素材”と“技術”、“ローカル”と“グローバル”といったさまざまな話題から、造り手への想い、そして消費者である大人と未来を担う若者への愛が感じられた内容でした。

繋ぐ日本酒16

実はこのイベントの開催きっかけは、コロナ禍において獺祭が日経新聞に出した意見広告に感銘を受けた、THE SORAKUENソムリエ・塚元が山口県にある獺祭本社を訪ねたところから始まりました。
そして、“兵庫山田錦のテロワーリスト”であり、昔から獺祭・桜井社長と日本酒の未来を語り合ったという、龍力・本田社長の賛同も得て、実現に至りました。

繋ぐ日本酒17

イベント終了後、シェフの木村とソムリエ塚元も加わって記念撮影
大変刺激的な第四回イベントでした!

第一回イベントの様子はこちら

第二回イベントの様子はこちら

第三回イベントの様子はこちら