“Heart Factory Project”vol.16
~withコロナ時代のリアルウェディングレポート~

2021.3.18

和婚

時代に合わせた新しい結婚式のスタイルでおくる特別な1日

ゲスト人数:60名様

Q,結婚式を実施するか悩んだ要因を教えてください
コロナウイルスの流行や緊急事態宣言の発令などの世の中が大変な中で大勢の人を招いて結婚式を開催していいものかと悩みました

Q.結婚式の実施にふみきった要因は?
友人や家族からの「楽しみにしているよ」という声や励ましに背中を押されて決行をしようと思いました

Q,感染対策としての工夫やこだわった演出、レイアウトはありますか?
・密を避けるため、挙式を室内ではなくテラスにしました
・披露宴会場のスペースを広げてゲスト同士の距離や感覚をできるだけあけました
・アルコールジェルを一人一つずつ受付で配布しました
・マスクケースを一人一枚ずつ席に用意しました
・芳名帳やウェディングジェンガなどを簡素化して受付の混雑を避けました

白無垢

Q,結婚式当日ゲストの反応はいかがでしたか?
「幸せがあふれる結婚式だった」、「素敵な時間をありがとう」、「最高の式だった」、「早く自分も結婚したくなった」などうれしい言葉をたくさんもらいました

Q.未来の新郎新婦様へのアドバイスをお願いします
不安や悩むこともたくさんあると思います。準備も大変でしたが、結んでみたら本当に幸せな1日になりました。どんな形でも2人が後悔しなければ、すべて正解だと思います。2人で納得いくまで話し合って、後悔のない答えを見つけてください。

池
新郎新婦

~担当したプランナーより~
初めてSORAKUENへご見学にお越しいただいた際から着てみたいお衣装や当日のコーディネートのイメージなど、ご希望をしっかりお持ちのお二人で、ご結婚式当日をとても楽しみにされていらっしゃったと思います。
あの日から気が付けば1年半、ご結婚式のご準備をとても楽しみにされていたおふたりにとってはとても長いお時間だったと思います。そんな中どうしたらゲストの皆様が安心して参列していただくことができるのか、お二人の中でたくさん話合い、考えながらご準備を進めてきてくださいました。とても前向きで優しくいつもお互いの背中を押しながら一緒に前に進んでいくようなお二人が、二人三脚で迎えてくださった当日、ひとつひとつ丁寧に作られたお二人のウェルカムグッズやセレモニー、完璧に仕上げられたご友人スピーチやご余興を見て、きっとこの日を待ちわびていたのはお二人だけじゃなかったのだと思いました。そこにいる皆様がずっと楽しみにされていた1日はお二人にとっても、ご両家にとっても間違いなく正解の1日でございました。

またお二人のやさしい笑顔にお会いしたいです。
TさんYさん末永くお幸せに!

新着記事