“Heart Factory Project”vol.5
~withコロナ時代のリアルウェディングレポート~

2020.11.26

憧れの和婚

時代に合わせた新しい結婚式のスタイルでおくる特別な1日

たくさん悩みながらも時代に合わせた新しいウェディングスタイルで笑顔溢れる素敵な1日を過ごされました

Q.結婚式を実施するか悩んだポイントを教えてください
東京や関東近郊からのゲストもいること(親族も含む)、ゲストを70名ほど招待したいが、密にならないか不安だったこと、そして世間体が気になり悩みました。

Q.結婚式の実施にふみきった要因はありますか?
コロナの終息がいつになるか分からなかったことと、感染者数が減少傾向にあったからです。

Q.感染対策としての工夫や、こだわった演出・レイアウト等はありますか?
ミニ消毒スプレーを受付で一人ずつに配布しました。受付に飛沫防止のアクリル板を設置してもらいました。テラスとつながる扉を披露宴中開放してもらいました。

6000坪の日本庭園

Q.未来のコロナ禍の新郎新婦様へのアドバイスをお願いします
結婚式の1ヶ月前、結婚式の実施を決めた際に、どれくらいの人数が来て、どのような対策を行うか出席者にハガキで知らせ、心配であれば直前のキャンセルも可能ということを記しました。そのハガキの後にやはり数名キャンセルが出ましたが、無理に参加していただくよりはよかったと思っています。出席人数が気になる方もいらっしゃると思うので、ゲストの安心に繋がるかと思います。

末永くお幸せに

~担当した方ウェディングプランナーより~
初めてご来館いただいてすぐあとに、コロナの拡大がありとてもご不安な中でのご準備だったと思います。そんな中で、ゲストの皆様に楽しんでいただきたいというおふたりのお気持ちが伝わるとても素敵なパーティーになりました。対策をした上でのデザートビュッフェもゲストの皆様に楽しんでいただくことができました。コロナ禍の中でのご結婚式はまだしばらく続くかと思いますが、新郎新婦様にもゲストの皆様にも、安心して楽しんでいただけるよう引き続き精一杯お手伝いさせていただきます。

新着記事