【人気演出】ダーズンローズセレモニーって知ってる?

2022.11.10

宗教にとらわれず、おふたりらしさを出すことができる「人前式」
そんな「人前式」での演出について、本日はご紹介をさせていただきます!

*ダーズンローズセレモニーって?*

ダーズンローズとは、直訳すると12本のバラのこと。
このセレモニーの由来は、実は19世紀のヨーロッパにさかのぼります。

男性が愛する女性にプロポーズするために、彼女の家へと向かう道中
道に咲く花を摘み、花束にしてプロポーズをすると
女性は受け取った花束の中から、1輪の花を抜き取り男性の胸にさして
YES!と答えたとのこと♡

とってもロマンティックですよね♡
この流れが、現在の結婚式でのブーケ&ブートニアとなり、引き継がれています。

そんなブーケ&ブートニア、そして愛を伝えるプロポーズのセレモニーを
ゲストの皆様の証人となっていただく、人前式の演出として行うのが
ダーズンローズセレモニーとなっています!!

*ダーズンローズで必要なものって?*

では、ダーズンローズセレモニーを実際に行う際に必要なものを紹介します!
まずは、基本となる12本のバラ(お花)です。
また、12本のバラには実は意味があるため、その意味をタグでつけてもとってもかわいいです♪
「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」
この12のことのすべてをあなたに誓います。という意味が、ダーズンローズには込められています。

 

*ダーズンローズセレモニーの流れ*

ダーズンローズせもにーの基本的なやり方は
1.12名のゲスト様にバラをお渡しする
  ★お渡しするタイミングは受付や挙式会場入り口どちらでもOK!
   お受付にてリクエストカードをお渡しし、当日サプライズでお手伝いいただいても◎
2.ご新郎様が入場し、12人のゲストに配っておいたバラを受け取りながら中央へお進みいただく
3.ご新婦様がご入場し、新郎様のお隣まで進まれたのち
  新郎様よりブーケとともにプロポーズの言葉を贈る♡
4.ブーケを受け取ったご新婦様は、最も好きな意味を持つお花を一本選び
  ご新郎様の棟ポケットへ♡(ブートニアに)

基本的にはこのような流れにて進めていただきます!

とっても素敵なセレモニーは、ご参加いただいたゲストの皆様にとっても記憶に残るはず!
円滑に、そして素敵なセレモニーとなるよう、当館スタッフも精一杯お手伝いさせていただいております♡




*お花はブーケ以外でも!*

大切なウェディングブーケとなるお花だからこそ、こだわりのものに。
ダーズンローズセレモニーというと、バラだけのイメージを持っていただいておりますが
バラ以外のお花でももちろん可能です^^
お気に入りのお花で、ダーズンフラワーセレモニーを行って下さい♪

 

また、新郎様おひとりでお花を集めるのは、少し恥ずかしいな、、という場合は
お二人がそろわれてから、ゲストの皆様にお持ちいただくと以下たちも可能です*

ゲストの皆様からのお祝いの言葉をお伝えいただきながら、
お渡しいただくことで、より感動的なセレモニーとなります♡

 

いかがでしたでしょうか?
本日は人前式の人気演出「ダーズンローズセレモニー」についてご紹介をさせていただきました!
少しでも皆様の参考になっていただけますと幸いでございます!

またTHE SORAKUENでの結婚式が少しでも気になった方は
是非ブライダルフェアにお越しくださいませ♡
ご結婚式をご検討の方やこれから式場探しをスタートする
新郎新婦様にもお越しいただければと思っております!

 

いよいよ2022年も残り2か月を切りましたね。
今年も皆様にとって幸せな一年となりますように。
素敵な一年の締めくくりとなりますよう、
紅葉が少しずつ見頃に近づくSORAKUENでお会いできますことお待ちしております♪



神戸三宮・元町結婚式場
THE SORAKUEN(相楽園)
ウェディングプランナー
辻 来海

新着記事